看護師の転職サポート専門員

はじめまして
株式会社プランニングハートジャパン代表取締役社長の西野です。

私は平成13年に会社を設立して以来10数年、看護師の転職をサポートしてきました。
22歳のときからこの仕事をしているため、23年間この仕事を続けたことになります。

ただ看護師の転職サポートをやり続けて、いいことばかりではありませんでした。
大きなミスや小さなミスを数多くしてしまい、多くの人達に迷惑をかけてきています。

例えば、あるママさん看護師の転職をサポートした時の話です。
彼女は、お子さんとの時間を大切にしたいがために転職を決意しました。
ただ私は彼女の経済事情が悪化することを考え、高給だけれども残業の多い病院を勧めてしまったのです。
6カ月後、彼女は病院を退職し、訪問看護の道に進みました。

私は、彼女を「ママさん看護師」というレッテルを張り、お金に困っているだろうと勝手に解釈してしまったのです。
でもそれは彼女の本当の幸せではありませんでした。

この23年間、失敗を繰り返しながら私は成長してきました。

その成長を転職したい看護師の方々のためにご提供できればとこのサイトを立ち上げた次第です。

看護師としてのキャリアプランを考える

看護師のキャリアアップ

看護師としてキャリアアップを目指す場合、どのような選択肢があるでしょうか。
専門看護師・認定看護師の資格を取得する、さまざまな診療科目の経験を積む、大学に進学する、教員になるなどさまざまな道があります。

目指すキャリアアップによっては今の生活を変えなければならない場合もあります。
たとえば認定看護師の場合、「保健師・助産師及び看護師の資格取得後、実務研修が通算5年以上であること(そのうち通算3年以上は特定の認定看護分野の実務研修をしていること)」が条件の上、6ヶ月以上の集中講義を受けて審査に合格しなければなりません。
集中講義は昼間のみですので、働きながらというのは実際には困難です。
また学費もかかりますし、認定看護師教育機関が遠い場合は引っ越しも考えなくてはなりません。

ライフプランと合わせて考えよう

そのため、キャリアプランを考えるときにはライフプランも合わせて考える必要があります。
この2つを組み合わせてライフキャリアプランなどとも言われます。
結婚や出産をはじめとした人生のイベントを考え、私生活と仕事を合わせたこの先何年かの将来を考えた上で、計画的にライフキャリアプランを立てることが重要です。

これまでのキャリアについて整理する

今後のプランを立てるに当たって重要なのは、自分の現状についてきちんと把握することです。
これまでの看護師としての経験・スキルについていちどまとめてみましょう。
同時に自分のその他のスキルや長所・短所等の自己分析も行ってみると良いでしょう。
就活サイトなどで自己分析シートが公開されているので、活用してみることがおすすめです。

目指すライフキャリアプランを固める

自分がどのような看護師を目指すのかを考え、具体的な目標のイメージを固めましょう。
そこから必要なキャリアを考え、それを自分のライフプランにどう盛り込んでいくかを考えます。
看護師としての自分だけでなく、自分の人生をどうしていきたいか、大切にしたいのは何かなどをよく考えましょう。
また、プランはあくまでもプランにすぎません。
いつでも見直し適宜修正し、よりよい自分を目指す指針としましょう。